痩せ菌サプリランキング2018~管理栄養士が選ぶおすすめ痩せ菌サプリ

『痩せ菌』が今、テレビや雑誌をきっかけに話題になっています。

厳しい食事制限や激しい運動なしでできる痩せ菌サプリダイエット。

痩せ菌サプリを飲むことで、体内にあるデブ菌を減らし痩せ菌を増やせることができます。

つまり、食べても太らない痩せやすい体つくりができると言われています。

実際、多くの芸能人やモデルが痩せ菌サプリを飲む事でスリムな体系を手に入れることに成功しており、注目度があがっています。

ただし、痩せ菌サプリには即効性がないので、すぐに効果を求める方にはおすすめできません。

しかし、1~6か月間じっくりと続けて安全に体重を減らす、そして太りにくい体つくりをしたい人には絶対におすすめです。

痩せ菌サプリは多くのメディアに取り上げられるほど話題があり、たくさんの会社がサプリを販売しています。

しかし全てが信頼できるものではなく、なかには体を壊してしまいかねない粗悪なものもあります。

数ある痩せ菌サプリの中から、信頼できるものを選ぶポイントは3つ。

1.痩せ菌と痩せ菌のエサが入っているものを選ぶ
2.コスパがよく続けやすいものを選ぶ
3.実績のあるものを選ぶ

この3つを守るだけなので、特に難しくはないですよね。

しかし、それでも「どれを選ぶべきか分からない」と思う方もいるはずです。

実は、私も数多くの痩せ菌サプリを試してきたんですが、全く効果のないものにもたくさん手を出してしまいました。

効果のない痩せ菌サプリはお金と時間の無駄になります。

そこで今回は、私が実際に試して自信持っておすすめできる痩せ菌サプリトップ5を紹介します。

先ほど紹介したポイントもすべて守っているので、痩せ菌サプリ選びの参考にしてください!

【最新版】おすすめの痩せ菌サプリランキング2018

LAKUBI

数ある痩せ菌サプリの中で、1、2の人気を争うのが販売累計実績30万袋突破のLAKUBIです。

数多くのモデル・芸能人が愛用していて、私も実際に使ってみたんですがダイエット成功はもちろん、長年の悩みだったぽっこりお腹が解消しました。

少し食べ過ぎたかなあと思った日でも、その分出るので厳しい食事制限する必要はありませんでした。

値段も安く、配合成分も文句ない、総合的に見た結果ナンバーワンにしました。

LAKUBIの良い点

・1日1粒だけ飲めばいい
・最もダイエット効果を実感したサプリ
・食べ過ぎてもいつもと変わらず
・有名芸能人とモデルが愛用している
・パッケージが可愛くて持ち運びやすい
・とてもお得な価格

LAKUBIの悪い点

・最低でも3か月は続けないといけない

LAKUBIがおすすめの人

・とりあえず痩せ菌サプリを試してみたい方
・楽にダイエットしたい方
・ダイエットだけではなく、健康や美容にも効果のあるサプリを探している方
・最低3か月は続けられる方

LAKUBIがおすすめできない人

・3か月間続けることができない方
・1日当たり約33円支払うのがもったいないと感じる方(初月のみ。2回目以降は、1日当たり約88円)


くろしろ

多数の雑誌にも取り上げられている人気のサプリです。

くろしろは痩せ菌サプリの中では珍しく、腸内を綺麗にする活性炭が配合されています。

脂肪燃焼作用のあるブラックジンジャーが含まれているのも高ポイントですね。

くろしろの良い点

・活性炭で腸をデトックス
・ダイエット効果のある成分も入っている
・初回はたったの500円

くろしろの悪い点

・定期購入しないと値段が高い
・効果はすぐに出ない

くろしろがおすすめの人

・4か月間の定期購入ができる方
・痩せ菌サプリを試してみたい方

くろしろがおすすめできない人

・4か月以上続けることができない方
・定期購入ができない方
・1か月以内に効果を実感したい方


プレミアムスリムビオ

カップヨーグルト100個分の乳酸菌がとれると話題のサプリです。

乳酸菌をたくさん摂取して、食べながらダイエットできる体つくりをサポートしてくれます。

ヨーグルトを食べるよりも、効率的に乳酸菌を摂取できますね。

プレミアムスリムビオの良い点

・乳酸菌が豊富に含まれている
・腸の悩みが解決
・返金保証付き

プレミアムスリムビオの悪い点

・通常価格が高い
・効果の即効性がない
・乳酸菌数が多いので、使い始めはお腹が緩くなる可能性も

プレミアムスリムビオがおすすめの人

・辛い便秘に悩んでいる方
・返金保証付きの痩せ菌サプリを試してみたい方
・定期購入できる方

プレミアムスリムビオがおすすめできない人

・お腹が弱い人
・定期購入ができない方
・長期間じっくりと続けることができない方


乳酸菌ミドリムシ

ミドリムシ健康食品で知られるエポラが販売するサプリです。

300億個の乳酸菌と5億個のミドリムシが腸内環境を整えます。

ミドリムシのおかげで一日に必要な栄養素も補給できるのは嬉しいですね。

乳酸菌ミドリムシの良い点

・信頼できる会社が販売している
・便秘解消に期待できる
・美容と健康に必要な栄養素も補給できる

乳酸菌ミドリムシの悪い点

・1日に6粒も飲まないといけない
・粒が青汁のような匂いがする
・パッケージがオシャレじゃないので、外に持ち運びにくい

乳酸菌ミドリムシがおすすめの人

・粒が苦手ではない方
・バランスよく栄養補給もしたい方

乳酸菌ミドリムシがおすすめできない人

・粒を飲むのが苦手な方
・青汁の匂いが苦手な方


KOMBUCHA生サプリ

KOMBUCHAは酵母や酵素が入っているドリンクで、世界で大きな話題となりました。

そのKOMBUCHAを生のままサプリにしています。

雑誌にも取り上げられた人気のサプリです。

美容成分もたっぷりと入っていて、パッケージが可愛らしいので若い女性人気が高いです。

KOMBUCHA生サプリの良い点

・話題のKOMBUCHAが生で配合されている
・パッケージが可愛い
・357種類の生酵素が一粒でとれる

KOMBUCHA生サプリの悪い点

・効果に即効性がない
・配合乳酸菌量が分からない
・毎月300名しか特別価格を受けられない

KOMBUCHA生サプリがおすすめの人

・話題のKOMBUCHAを生で摂取したい方
・KOMBUCHAドリンクを挫折した方
・様々な酵素を摂取したい方

KOMBUCHA生サプリがおすすめできない人

・乳酸菌数や酪酸菌数を重視する方
・定期購入ができない方


以上が最新版の痩せ菌サプリランキングでした。

実際に私が使用して効果を実感できたうえに、3つのポイントを守ったものだけを紹介したので、どれを選んでも構いません。

それでもまだ、どれを購入するべきか悩むという方には、LAKUBIをおすすめします。

私が最もダイエット効果と体の変化を実感できたのがLAKUBIですし、手ごろな値段で購入できるのも大きな魅力です。

特に定期購入に申し込むと、初回はたったの300円。

2回目以降もずっと30%OFFになるので、絶対に定期購入がおすすめです。

3か月継続すれば、必ず効果が出るはずです。

まずは、3か月間痩せ菌サプリを飲み続けて、その効果を実感してください。

1か月目からお通じが良くなる等の効果が得られるはずですよ。

ありがたいことに、多くの方が当サイトをチェックしてくれ、感想や質問等も頂きます。

どこよりも痩せ菌サプリについては、詳しく分かりやすく解説しているという自信はあります。

しかし、痩せ菌サプリを使用しているときに疑問や悩みが浮かべば、ぜひメッセージでお知らせください。

痩せ菌サプリに関することでしたら、何でも回答させていただきます。

この記事を読んでくださっているあなたは、何とかしてダイエットを成功させたい、若返りたい等の強い思いをお持ちでしょう。

痩せ菌サプリは、毎日コツコツと続けていれば必ず結果が出ます。

結果を出すためにも、まずは重要な痩せ菌サプリ選びを今日行いましょう。

最初の一歩を踏み出したとき、あなたの願いが叶う可能性が出てきます。

まずは3か月間、頑張って痩せ菌サプリを続けてみてください!


痩せ菌サプリランキングno1~LAKUBIの口コミを大調査♪

痩せ菌サプリランキング第一位に輝いたLAKUBIの良い口コミや悪い口コミをまとめました。

実際に使ってみて効果があった人。なかった人。違いやダイエット効果を実感できるまでの期間。

参考にしてください!

私の友達は痩せている子が多いのですが、昔から不思議に思っていました。

なぜかというと、私よりかなり大食いなのに、太らない事。

学生の時から、お昼ご飯に間食などかなりの量を食べているはずなのに、ずっと痩せています。

それに比べて私は、その子に合わせて食べているとどんどん太っていきます。

体質なのかな、それとも遺伝?と、半分あきらめていましたが、ふと見たLAKUBIのホームページで、もしかして腸内環境の違いかもと思い始めました。

痩せ菌とでぶ菌、なんとなく聞いた事はありましたが、ここまで体重に影響があるとは思っていませんでした。

私の場合は、便秘もひどいし、しょっちゅうお腹も痛くなるので、明らかに腸内環境が悪い状態。

めぐりも悪く、毎日なんだかスッキリしないなと感じる事も多かったです。

何とかこの体を変えたいと、LAKUBIを購入。

最低3カ月は続けようと思っていたので、初回が安い定期便にしました。

LAKUBIの凄いところは、酪酸菌が1700万個配合しているところ。

あと痩せ菌と痩せ菌のエサを一緒に摂取できるところ。

オリゴ糖が配合しているのは、痩せ菌のエサになるからです。

カプセルで、1日1錠飲むだけなので凄く簡単なのもいいです。

毎食ごとにたくさん飲むタイプのサプリだと、持ち歩かなければいけないですが、LAKUBIは朝飲んで終わりなので、簡単。

簡単すぎて、本当に効いているのかな?と不安になりましたが、大丈夫でした。

飲んで数日で便秘が解消。

お腹のハリもなく、明らかに腸内環境が良くなってきているのを感じます。

サチさん20代女性

30代後半になってから、代謝が悪くなったり、便秘になったり、むくみがひどくなったり、体の不調が出はじめました。

テレビで、年齢とともに腸の中の善玉菌がどんどん減ってきて、悪玉菌が増えるという事を知ります。

腸内フローラを整えることで、ダイエットだけではなく健康にもいいのですね。

テレビで見て以来、毎日ヨーグルトを食べたり、納豆を食べたり食生活をかえてきたのですが、便秘は解消されず、かえってお腹にガスがたまってお腹のはりが辛い状況です。

ヨーグルトでも自分にあう、あわないというのがあって、数種類のヨーグルトを試した方がいいみたいですね。

さすがに面倒くさいので、他に腸内環境を整える方法がないかと思って探したらLAKUBIのサプリを見つけました。

痩せ菌という言葉は聞いたことがあったのですが、半信半疑でした。

私の症状から考えると、明らかにでぶ菌が腸内に多いのが明確。

痩せ菌を増やすためにLAKUBIを定期で購入しました。

LAKUBI は1日1粒飲むだけで、痩せ菌が増えるという優れモノ。

サプリは初めて飲むので、どういうものか心配でしたが、GMP工場で作られているのがポイントですね。

サプリの選び方というホームページでも、GMP工場で作られているものを選びましょうと書かれていたので、信頼できました。

飲みはじめて変わったのは、やはり便通。

健康的な便がほぼ毎日出るようになって、今までにはなかった効果に驚いています。

あんなに辛かったお腹のはりがなくなり、それだけでも良かったなぁと感じます。

便通が毎日あると、自然とポッコリおなかもおさまってきますね。

体調も良く、腸内フローラを整えることの大切さを感じています。

手越ママさん30代女性

ダイエットと健康のために数カ月前からLAKUBIを飲んでいます。

ヨーグルトも醗酵食品も好きじゃないので、サプリで手軽に腸内環境を整えることができるのは助かります。

仕事も忙しいし、なかなか食生活を気配りできないです。

LAKUBIの場合、ビフィズス菌や酪酸菌などだけではなく、えさとなりオリゴ糖まで配合しているのがいいですよね。

オリゴ糖が細菌のエサになるので、効果が期待できます。

腸内フローラを整えるのはLAKUBIに任せて、私はストレスをためないことと十分な睡眠など生活環境を整えました。

1か月もたつと、便秘も解消、とても体調がいいのを感じます。

体重は、軽い運動をはじめたらどんどんやせはじめました。

以前は食事制限しても運動をしても、全く効果がなかったので、LAKUBIで腸内環境が整った効果だと思っています。

痩せ菌を増やして、これからもダイエット頑張ります。

春子さん20代女性

毎日飲んでいると明らかにお腹の調子が変わってきます。

以前は便秘で4日に1回出るのが当たり前でしたし、便もとても固くて出す時に辛かったです。

ダイエットで食事制限しても効果がでなくて、もう痩せるのは無理かなと思っていました。

便秘の時に薬に頼るのも嫌だったので、LAKUBIを購入。

腸内フローラを改善してくれるサプリで、1カ月続けたら便秘が見事に解消。

今まで、ヨーグルトを食べたり納豆を食べたりしても治らなかったのに、サプリで治るなんて思いませんでした。

それほどLAKUBIは私に合っていますね。

便秘が治ると、お腹のポッコリがなくなり、体重も減。

運動も取り入れていますが、代謝が良くなったのを感じますね。

お腹の調子で悩む事がなくなったのが、本当に嬉しい。

便秘改善したからか、お肌の調子も良くなってきました。

思い切ってLAKUBIを試してよかったなーと実感しています。

大野さん20代女性

若い頃はいつも快便で、便秘などした事がなかったのですが、40歳を過ぎてから便秘するようになりました。

それだけではなく、むくみもひどいし、体のめぐりが悪いのを感じます。

それだけではなく、毎日なんだかドヨーンとした気分、スッキリしない毎日。

更年期がきたのかと思うほど、悩んでいました。

お腹もゴロゴロして、腹痛もあり、明らかに腸内には悪玉菌が多いのがわかります。

便の状態も便秘で硬かったり、下痢だったり、悪い状態が続きました。

腸内フローラを整えるのに効果的という事でLAKUBIを購入。

痩せ菌を増やして、じわじわ増えてきた体重も減るといいなという思いもあります。

LAKUBIは一日1カプセルだけなので続けるのが楽ですね。

いつも朝起きたときに飲むようにしています。

カプセルは少し大きいですが、一粒だけなので飲むのが辛いという事はないですね。

サプリというと何錠も多く飲むものというイメージがあったので、LAKUBIの1粒だけなのはちょっと驚きでした。

最初の1週間は特に変化がなく、しばらく時間がかかるかなぁとあまり意識しないで飲み続けました。

1か月ほどたった時に、「なんだか最近毎日出ているな」という事に気付きます。

しっかり腸内環境を整えていたのですね。

便秘が解消するだけで、毎日の爽快感が違います。

前はしょっちゅうなっていた腹痛がなくなり、毎日お腹の調子がいいし、食べすぎても体重が太ることがなくなりました。

痩せ菌の効果かなと思っています。
ミッキーポンさん40代女性

今まではどんなサプリを飲んでも、効果を実感する事は少なかったのですが、LAKUBIは違いました。

まず便通が明らかによくなったし、お腹のはりで悩む事がなくなりました。

これだけでも続けてよかったなと思っています。

やせる効果は特に期待していなかったのですが、体重も徐々に減り始めて、なんだか体が軽くなってきました。

お腹も軽いし、調子がいいと色々考え方も変わってきますね。

運動は続いたことがなったのですが、最近は毎日ウォーキングも続けています。

腸内フローラが整っただけで、こんなに体調も変わるんだなと驚きました。

大井さん30代女性

下痢と便秘を繰り返す症状が続いて、悩んでいました。

病院にいっても特に悪いところがないのですが、明らかにお腹の調子が悪い状況が続きます。

お腹が痛くてゴロゴロするのに、便がでない、お腹が張って痛くて夜も眠れないなど、ひどい症状。

腸内フローラのバランスが悪いのはわかっていましたし、多分私の腸の中では悪玉菌が大暴れしていたんでしょうね。

腸内フローラを整えるために、整腸剤なども飲んでいましたが、効果を感じません。

LAKUBIは友達にすすめられて飲む事にしました。

驚いたのが1日1粒でいいこと。

色々なサプリを飲んできましたが、1日1粒と手軽なものはなかったと思います。

逆に効果があるのか心配になるほどでした。

でも、飲みはじめてすぐにお腹の調子が良くなるのを感じます。

健康的な便が毎日出るのが、こんなに快適だったなんて知りませんでした。

お腹の調子を機にしなくて済むのが嬉しい!

体重も減って、LAKUBIとの相性の良さを感じます。

ちずるさん40代女性

年齢が40歳を過ぎてから、めぐりが悪くなったのと、お腹の調子がいつも悪く、お腹が張って苦しい日が続きました。

食べすぎたわけでもないのに、体重は右肩上がり。

身体のためにも、ダイエットのためにも腸内をキレイにする腸活をしようと思い、ラクビを購入。

乳酸菌のサプリでもいいのですが、こちらは酪酸菌という注目の成分が入っています。

むやみに栄養をため込まない、そして分解をサポートする短鎖脂肪酸が多く配合されているのが酪酸菌。

あまり聞いたことのない菌ですが、痩せ菌を増やして、でぶ菌を抑える作用があるのです。

私は大好きなモデルの方のインスタで、紹介されているのを見て知りました。

モデルや芸能人も多く愛用しているものなので、間違いがないかなと思います。

飲みはじめて変わったのが、ため込まなくなったこと。

今までは便通があっても、なんだかスッキリしない状態でしたが、今はスッキリするのでストレスがないです。

お腹のハリもなくなって、腸内が正常に動いているのを感じます。

ため込まないので気分もスッキリ!

体重も徐々に減ってきて、いい方向に向かっているんだなと思います。

40代 女性

腸内細菌は便通だけではなく、美肌、ダイエット、免疫力にも影響があるのをはじめて知りました。

20代の頃はお腹の調子も良く、便通も問題なかったのですが、30代も後半になると、なぜか下痢が続いたり、便秘になったり。

もちろんお肌の状態も良くなく、体重も増え、ダイエットしても全く痩せない身体になりました。

代謝も悪くなるし、なんだか腸内に常にため込んでいる状態でスッキリしない毎日。

SNSの広告で見つけたラクビ。

いつもは乳酸菌のサプリを飲んだり、ヨーグルトを食べたりしているのですが、あまり効果がなかったので、ラクビも期待しないで購入しました。

ラクビは生きた酪酸菌が入っていて、それが痩せ菌を増やすと言います。

痩せ菌って言う響きがいいですよね。

就寝前に飲むと整腸作用が強い、とネットの情報で見て、毎晩寝る前に忘れずに飲むようにしました。

サプリは飲んですぐ効果があるものではなく、続けることで効果を感じるという事は知っていましたので、まずは習慣化することからはじめるのがいいですね。

飲みはじめて1週間ほどで、お腹の調子が整います。

状態のいい便が毎日、決まった時間にしっかり出るので、それだけでも嬉しいですよね。

それにしっかりと出ているので、いつもスッキリした感じが続きます。

ご飯を食べてしばらくすると、腸が動きだすのがわかるほど、お腹がなります。

腸内の環境がキレイになっているのを感じました。

体重も落ち、代謝が良くなったので体調がいいです。

便秘もなくなりお肌もキレイになりました。

腸内環境を整えるだけで、こんなに色々な事に影響するのですね。

30代 女性

痩せ菌とは?

どんなに食べても太らない人がいれば、食事制限しているのに体重が増加してしまう人もいます。

実は、食べているのに太らない人は痩せ菌をたくさん持っているのです。

痩せ菌とは、腸内細菌の一種で、馴染みのある単語で言えば「善玉菌」のことです。

腸内細菌は、主に以下の3種類に分けることができます。

・善玉菌(有用菌)
・悪玉菌(有害菌)
・日和見菌

この3種類の腸内細菌の中で、最も良い活動をするのが善玉菌です。

ビフィズス菌や乳酸菌をはじめとする善玉菌は、腸内環境を整えて、ビタミンKやビタミンB等の合成・消化吸収のサポート・免疫刺激など健康促進や老化防止に関する働きをしてくれます。

対して、可能な限り数を減少させたい悪い細菌が悪玉菌。

有名な悪玉菌は大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌です。

善玉菌とは異なり、悪玉菌は腸内環境を乱します。

具体的には、腸内を腐敗させたり、細菌毒素の生成、ガス発生、そして発がん物質を作るのです。

悪玉菌数が増加することで、健康が悪化したり、がんを始めとする病気を引き起こしたり、さらには老化を速めてしまうのです。

日和見菌は、なかなか耳にしない単語だと思います。

体が健康のときは日和見菌は大人しく、体に害をもたらすことはありません。

しかし風邪や病気で身体が弱っているとき、日和見菌は活発になり、腸内環境を悪くします。

代表的な日和見菌は、連鎖球菌、大腸菌(無毒株)、バクテロイデスの3種類です。

これらの細菌が腸内の中で生活をしていて、バランスを取り合っているというわけです。

痩せ菌を増やすことがダイエット成功のカギ

痩せ菌は、食事から摂取した余分な脂を便と一緒に排出します。

言い換えれば、痩せ菌があることで体が吸収するカロリー量が減るということです。

また、善玉菌には以下2つの肥満対策に効くと言われている効果があります。

・痩せホルモンの分泌

GLP-1は痩せホルモンと言われるほど、ダイエットに効果的なホルモン。

GLP-1の働きは、糖の吸収を抑制する、血糖値を下げる、そして糖分が脂肪となるのを防ぐことです。

また、GLP-1の分泌量が増えることで、カロリーと脂肪の燃焼が促進されます。

ダイエットの味方であるGLP-1は、腸内環境が整っているとき、つまり善玉菌量が多いときに分泌が促進されるのです。

・ANGPTL4の分泌

善玉菌には、ANGPTL4という成分を分泌する可能性が指摘されています。

ANGPTL4は、体内の脂肪量を減らす働きがあります。

痩せ菌に関する研究は世界中で行われています。

Journal of Functional Foodsに掲載された研究によると、善玉菌が豊富に含まれたヨーグルトを6週間以上にわたって摂取した結果、体脂肪率が3~4%減少したと報告されています。

さらに、善玉菌の優れている点は体重減少だけではなく、肥満予防にもつながることです。

ある研究では、4週間にわたって被験者に毎日1,000カロリー分の食事とVSL#3という善玉菌の調合剤が与えられました。

偽薬と1,000カロリーの摂取をした場合は、体重の増加は平均で2,29kg、脂肪の増加は1.29㎏でした。

それに対して、善玉菌調合剤と1,000カロリー摂取の場合は、1.42kgの体重の増加、0.63㎏の脂肪の増加でした。

この結果、善玉菌にはハイカロリーの食事をした場合、体重増加を防止する働きがあることが判明したのです。

しかし、善玉菌と体重増加防止の関係性については、まだまだ研究の余地があります。

あくまでも、体重増加防止効果の可能性が高くあるということです。

世界中で行われた数多くの研究で、善玉菌にはダイエット効果があることが確認されています。

善玉菌が痩せ菌と言われる理由もお分かりになったのではないでしょうか?

痩せ菌ダイエットの嬉しい特徴

痩せ菌ダイエットとは、その名の通り腸内にある痩せ菌の数を増やして、痩せやすい体質を作るダイエットのことです。

ここからは、痩せ菌ダイエットを行う4つのメリットを紹介したいと思います。

1.痩せやすい体質になることができる

「ダイエット」とつくので、痩せ菌ダイエットは体重を落としたい方だけのためのものと思われがちですが、そんなことはありません。

現在、痩せている方も積極的に痩せ菌ダイエットを行うべきです。

腸内の善玉菌が減少する理由は様々ありますが、主な理由の一つに加齢が挙げられます。

生涯で最も乳酸菌の数が多い時期は、離乳期前であることが研究で判明しています。

離乳期以降は、加齢とともに乳酸菌量が減少していくのです。

特に、60歳代以降は劇的に乳酸菌数が減少し、悪玉菌数が増加することが分かっています。

もちろん、善玉菌数低下の原因は老化だけではありません。

年齢にかかわらず、標準体型の方は肥満の方よりも善玉菌数が多いです。

今は痩せていても、痩せ菌が減少することで肥満になるリスクは高まります。

常に安定した善玉菌数を保つことで、痩せやすい体質のままでいられます。

2.ぽっこりお腹解消

多くの女性が持つ悩みがぽっこりお腹。

そのぽっこりお腹の原因は、体重増加ではないかもしれません。

ぽっこりお腹で悩む多くの方が持つ共通点が便秘。

つまり、便が滞った結果、下腹がぽっこりしてしまっているということです。

便秘は腸内環境を改善することで解消する場合がほとんどです。

痩せ菌は腸内環境を整えるためには欠かせません。

腸内環境が乱れる原因は、悪玉菌が善玉菌よりも多くなることにあります。

痩せ菌ダイエットを行うことで、便秘解消につながり、悩ましいぽっこりお腹も解決できるというわけです。

3.厳しい食事制限の必要がない

痩せ菌ダイエットは老若男女誰でも簡単にできます。

特に厳しい食事制限が必要ないのは大きな魅力でしょう。

食事量を減らすのではなく、食事メニューを変えることで善玉菌数は増やすことができます。

標準体型の方は生活習慣を意識すればいいですが、本格的にダイエットに臨みたい方は、ある程度の食事制限を行うのがおすすめです。

もちろん食事制限をしなくても、ダイエット効果は見込めます。

しかし、痩せ菌ダイエットは普段のダイエット効果を最大限にまで高めるので、厳しくはなくとも食事量は少し減らすといいでしょう。

人気の痩せ菌ダイエットは、痩せ菌サプリで善玉菌数を増やしつつ、食事量を少し減らしたり、定期的な運動を取り入れたりすること。

この組み合わせだと、それほどきつい思いをすることなくダイエットできるはずです。

注意点は、極端に食事量を減らさないこと。

近年、便秘に悩む女性の数は増加しています。

その理由の一つが、食事量を減らし過ぎていること。

食事量が減るということは、便の量が減るということです。

便のもとが減るので、必然的に便秘になるリスクが高まり、ダイエットの意味がなく痩せにくい体になってしまいます。

理想のダイエットとは、食事量を減らさずに脂肪を落とすこと。

食事制限中心のダイエットは、体重増加という悪循環を生み出してしまいますが、厳しい食事制限の必要がない痩せ菌ダイエットではその心配はありません。

4.疲労やイライラ解消

腸は体をオンの状態にする交感神経とリラックスさせる副交感神経で構成される自律神経と密接な関係にあります。

腸が悪い状態だと自律神経の活動も悪くなり、様々な不調を体に引き起こします。

具体的には、疲労感・倦怠感、不安、肩こり、胃の痛み等。

現代人が持つ悩みの一つである自律神経の不調も、善玉菌を増やす痩せ菌ダイエットなら解消できるのです。

痩せ菌が多いかどうか簡単にチェック!

腸内には1,000兆個もの細菌が住んでいますが、簡単に痩せ菌が多いかどうかチェックすることができます。

チェック方法は、大便を観察するだけ。

理想の大便は、バナナの形をしたものです。

バナナ型の大便が余計な力を入れることなく1~2本出てくるのが理想。

色は黄色もしくは黄褐色だとなおさらよく、腸内環境が整っていることを意味します。

また、大便の匂いにも注目しましょう。大便は臭いものと思われがちですが、理想的なものは不快な臭いがほとんどしません。

その他にも、以下の項目に当てはまる数が多い方は善玉菌数が少ない可能性が高くあります。

・便秘もしくは下痢である
・十分な量の野菜を摂取していない
・便やおならが臭い
・便の色が茶色や黒
・肉や揚げ物をよく食べる
・ストレスが多い
・飲酒や喫煙習慣がある
・お腹がぽっこりしているような気がする
・乳製品をあまり摂取しない
・日常的に運動する習慣がない

5個以上該当した方は、悪玉菌数の方が多い可能性が高くあるので要注意しましょう。

基本的には、毎回大便のチェックをするのをおすすめします。

年齢に関係なく、痩せ菌は増やすことができるので、大便の状態に応じて対策を取りましょう。

また、体内にある痩せ菌の数は検査でも調べることができます。

検査は自宅で行え、ネットで検査結果を見られるので手軽ですよね。

腸内フローラ(腸内細菌の集まりのこと)を検査することで、痩せやすい体質かどうか、そして健康に問題がないかどうかまでわかります。

気になる方は、一度検査を受けてみるといいでしょう。

痩せ菌サプリで簡単に痩せ菌を増やす

痩せ菌は日々の生活習慣を改善することで増やすことができます。

しかし、そうは言っても栄養バランスとれた食事を取る、ストレスフリーの生活をする、毎日運動する等は現代人にとって少々難しいです。

そんな現代人を支えるのが、痩せ菌サプリなのです。

痩せ菌サプリとは、痩せ菌が含まれるのはもちろん腸内環境を整えるための成分がたっぷりと配合されたサプリのことです。

乳製品をはじめとする善玉菌が含まれた食物とは異なり、吸収効率を上げる成分や悪玉菌数を減少させる成分が入っているのも特徴。

痩せ菌サプリを摂取することで、早く効率的に善玉菌数を増やし、痩せやすい体質を作ることができます。

痩せ菌サプリに含まれている主な成分7種類

痩せ菌サプリを使ったダイエットは人気なだけあり、数多くのメーカーが販売しています。

一見するとどれも同じように見えますが、配合成分や成分量は異なります。

つまり、痩せ菌サプリ選びをするときには、配合成分に注目して自分に合ったものを選ばなければいけません。

また、成分の効果を理解することで納得して痩せ菌サプリを選べます。

ここからは、痩せ菌サプリに含まれる主な成分を全て解説します。

ぜひ参考にしてください。

1.短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)

聞き慣れない単語ですが、短鎖脂肪酸は最近の研究で健康に大きな効果をもたらすと判明しています。

短鎖脂肪酸とは、腸内で作られる有機酸(酸の性質を持つ有機化合物)のことです。

善玉菌が腸内の栄養物を発酵することによって、短鎖脂肪酸が生まれます。

主な短鎖脂肪酸は、酪酸、プロピオン酸、酢酸の3種類です。

どの短鎖脂肪酸も重要ですが、意識して摂取したいのが酪酸でしょう。

酪酸は腸の炎症を抑える、そして腸のエネルギー源となります。

重要な酸ですが、腸に含まれている数は三種類の短鎖脂肪酸の中で最も少ないのです。

そのため、痩せ菌サプリに酪酸が含まれていることが多々あります。

腸の働きを正常化にしてくれる短鎖脂肪酸の具体的な働きは以下の通りです。

・悪玉菌の活動を抑える

短鎖脂肪酸には、悪玉菌の数を減少させる、悪玉菌が増加するのを抑制する効果があります。

特に酢酸の悪玉菌退治能力は優れています。

酢酸は、乳製品に含まれるビフィズス菌が作るので、比較的簡単に生成しやすいです。

実際に、三種類の短鎖脂肪酸の中で作られる量が最も多いのも酢酸です。

悪玉菌の活動を抑えることで、善玉菌の数が増える、そして腸内環境が良くなるという好循環が生まれます。

・腸粘膜を守る

人間の健康は腸の健康そのものと言っても過言ではありません。

ご存じのように、腸は食べ物・飲み物の栄養を吸収し、人間の体を作る重要な器官です。

しかし、飲食物に含まれているのは栄養だけではなく、ウイルスや細菌までもが含まれています。

つまり、腸は必要な栄養はしっかりと吸収して、体に害をもたらすウイルス等は体外へ排出させなければいけません。

食べ物から摂取したウイルスが、最も侵入しやすいのが腸の粘膜なのです。

健康な人の体内でも、毎日およそ4,000個のがん細胞が発生し、腸の粘膜からの侵入機会を伺っています。

腸粘膜はありとあらゆる細菌にさらされています。

酪酸やプロピオン酸を代表する短鎖脂肪酸には、腸粘膜のバリア機能を高める効果があるのです。

腸粘膜を守ることは、健康を守るということです。

2.オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエネルギー源みたいなものです。

善玉菌を増やす方法は主に2つ。

1つ目は、善玉菌を含む食物やサプリを摂取すること。

2つ目が、腸内に存在する善玉菌を増殖させることです。

オリゴ糖はもともと存在する善玉菌の数を増やす働きがあります。

善玉菌の大好物の一つであるオリゴ糖を摂取することで、善玉菌の数が増えていくという仕組みです。

急に十分な量(一日2~10g)のオリゴ糖を摂取すると、腸がビックリして下痢や胃もたれを起こす可能性があります。

もしこのような症状が出た場合は、数回に分けてオリゴ糖を摂取するといいでしょう。

3.サラシアエキス

サラシアエキスとは、インドやスリランカに生えるサラシアという植物の成分を抽出したエキスのこと。

サラシアはダイエットサプリ等にも含まれる注目の成分です。

サラシアの具体的な効果は以下の通り。

・糖の吸収を抑える

小腸には、糖を分解する酵素があります。

この酵素のおかげで糖を吸収できるのですが、糖の吸収はダイエットの天敵。

サラシアに含まれるサラシノールという成分には、糖の分解を抑制する働きがあるのです。

研究でも、サラシノールを摂取することで食後の血糖値の上昇を一時的に抑えられることが判明しています。

・善玉菌を増やす

糖を分解する酵素ですが、善玉菌の餌となるオリゴ糖まで分解してしまいます。

せっかくオリゴ糖を摂取しても、分解されて善玉菌まで届けられなければ意味がありません。

サラシアエキスを摂取することで、オリゴ糖等が善玉菌まで届き、腸内環境が整います。

5.ビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の代表格。

ビフィズス菌は腸内にある細菌の10%をも占めるのです。

ビフィズス菌は整腸作用でよく知られていますが、特に優れている点は酢酸を作ることにあります。

先に説明した酢酸は食物から摂取できますが、腸で吸収されてしまうことがほとんど。

つまり、直接酢酸を摂取するよりも、酢酸を作るビフィズス菌を摂取した方が効率的なのです。

ビフィズス菌は乳酸菌と混同されがちですが、ビフィズス菌の方が数が多く、酢酸を作ることができるという点で乳酸菌よりも優れています。

ビフィズス菌は50もの種類に分類されています。

注目を集めているのが、ビフィズス菌B-3。

ビフィズス菌B-3は20003年に発見された比較的新しいビフィズス菌です。

腸内環境を整えるだけではなく、体重・体脂肪の減少、動脈硬化予防、内臓脂肪・皮下脂肪減少等の効果があります。

6.活性炭

ガスや滞留便などの老廃物がたまった腸は、腐敗しやすく便秘の原因となります。

活性炭には、目で見ることができないほどの小さな穴が無数にあります。

活性炭が腸を通過する際に、この無数の穴が腸にたまった老廃物を吸収して、腸の中をきれいスッキリとした状態にします。

腸内をデトックスすることで、肌トラブルや生活習慣病の改善につながります。

7.茶カテキン

日本人になじみの深い緑茶に含まれる成分です。

茶カテキンには、強力な抗酸化作用と殺菌作用があります。

この2つの作用のおかげで、腸内にたまった悪玉菌を退治し、善玉菌優位の腸内環境にできるのです。

決定版!痩せ菌を増やすために摂取するべき食べ物8選

サプリで痩せ菌を増やすことができますが、基本となるのは日常の食事です。

普段の食事を意識しながら、痩せ菌サプリを摂取することで効果が高まります。

逆に、サプリを摂取しても食生活が悪ければ、痩せ菌が減少してしまうのです。

ここからは、痩せ菌を増やすために摂取するべき食べ物8つを紹介しようと思います。

1.野菜

野菜に含まれる食物繊維は腸内環境を整えるために欠かせません。

食物繊維は善玉菌の栄養になれば、悪玉菌を吸着して体外へ排出する働きもあります。

昔の食生では食物繊維が十分にとれていましたが、最近では食生活の欧米化により食物繊維不足の日本人が多いです。

食物繊維と言えば野菜というイメージですが、レタスやキュウリ等のように食物繊維を多く含んでいない野菜もあります。

食物繊維を多く含むのは、茶色の野菜と海藻類です。

例えば、ゴボウや大豆やインゲン豆などの豆類、そして切り干し大根、干しシイタケ等も積極的に摂取したいですね。

特に大豆とゴボウには食物繊維のほかに、オリゴ糖も含まれています。

どちらも料理の汎用性が高いのも魅力的です。

2.発酵乳製品

ヨーグルトやチーズなどの発酵乳食品には、善玉菌が豊富に含まれています。

ヨーグルトと言っても種類は様々ありますよね。

ビフィズス菌、ブルガリア菌、LC1等。

人によって相性の良いヨーグルトは異なります。

ビフィズス菌が合う人がいれば、ブルガリア菌との相性が良い人もいます。

そのため、2週間ほどヨーグルトを摂取しつつ、便の状態を確認するのをおすすめします。

ヨーグルトと一緒に食べたいのが玉ねぎです。

玉ねぎヨーグルトは痩せ菌の数を劇的に高める組み合わせ。

スライスして辛みを取った玉ねぎに、ヨーグルトと塩を混ぜ合わせて一晩置くだけで完成します。

玉ねぎヨーグルトは、ぜひ毎日の食事やおやつに加えたい一品です。

3.バナナ

バナナは食物繊維とオリゴ糖がたっぷりと含まれています。

便秘のときにバナナを食べるように言われるのは、これが理由だからです。

バナナはヨーグルトと一緒に食べるといいですね。

ダイエット時のおやつにもピッタリです。

4.キムチ

痩せ菌を増やしたいのならば、絶対にキムチを食べるのをおすすめします。

韓国人が美肌なのはキムチのおかげとはよく言われます。

キムチには2つの面があります。

1つは、乳酸菌を豊富に含む発酵食品という面。

もう1つは、食物繊維を含む野菜という面。

キムチを食べるだけで、食物繊維と乳酸菌が豊富に取れて、高い整腸作用を期待できるのです。

キムチには、ペントサセウス菌という胃酸に強い乳酸菌が含まれます。

つまり、途中で分解されることなく胃腸まで乳酸菌がたどりつけるということです。

また、カプサイシンという辛みの成分にも注目です。

カプサイシンには脂肪の分解を促進し、血糖値の上昇を抑えるという働きがあるので、ダイエットの大きな味方となるでしょう。

5.納豆

納豆菌とは、納豆のネバネバに含まれる成分です。

納豆菌には、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあります。

さらに、納豆菌と乳酸菌は一緒に摂取すると、単体で摂取した場合と比べて乳酸菌の数が約10倍にも増えたことが判明しています。

また納豆菌の優れている点は、寿命が長いことにあります。

腸内細菌は寿命が短い上に弱いので、毎日摂取しなければいけません。

しかし、納豆菌は腸内で約5日間生きることができると判明しています。

一度取れば5日間は腸内で善玉菌を増やす働きをするのは大きな魅力ですよね。

納豆は様々な食べ物と合います。

キムチやオクラなどと納豆を一緒に混ぜても美味しいですし、酵母菌と合わせるのも流行っています。

安価で続けやすいので、納豆は普段の食事に取り入れたいですね。

ちなみに納豆菌を摂取したいという方には、そのもの納豆がおすすめです。

そのもの納豆公式サイトはこちら⇒

6.麦

テレビ番組で紹介されたことがきっかけとなり、麦のダイエット効果に注目が集まりました。

麦の中でも、もち麦、大麦、そしてオートミールには腸内の有害物質を排出する水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

さらに、デブ菌を減らす効果もあるのです。

7.キノコ類

キノコは食物繊維の塊とも言われます。

シイタケやエリンギ等のキノコ類はもちろんですが、特に注目したいのがなめこ。

なめこには水溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸内フローラを整えてくれます。

あのヌメヌメとした成分が、腸内をデトックスするのです。

8.らっきょう

らっきょうには、他の野菜と比べると多くの食物繊維が含まれています。

また、らっきょうに含まれるのは痩せ菌の大好物である水溶性食物繊維。

そのため、たくさん食べたいところですが、取り過ぎには要注意です。

小粒のラッキョウなら多くても1日に10粒、大粒なら3粒ほどに抑えておきましょう。

痩せ菌サプリと一緒にするべき4つのこと

痩せ菌は生活習慣にも大きな影響を受けます。

痩せ菌を増やす生活習慣もあれば、逆に減らしてしまう生活習慣もあるのです。

ここからは、痩せ菌サプリの効果を高めるために実践したい4つのことを紹介します。

ぜひ参考にして、痩せ菌を増やしてください。

1.食生活を見直す

まず絶対に行っていただきたいのが、食生活の見直しです。

食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれている食事を心がけるのは重要ですが、それと同じくらい重要なのが肉やジャンクフードとの付き合い方です。

悪玉菌の大好物は肉類のたんぱく質とアミノ酸。

そのため、動物のお肉中心の食生活を送っている方は、悪玉菌が増えやすい状態にあります。

しかし、大好きなお肉を遮断してストレスを受けるのも悪影響。

お肉が好きな方は、肉の量を減らしつつ野菜の量を増やすようにしましょう。

特に、豆類やイモ類に含まれる不溶性食物繊維とお肉を摂取するのをおすすめします。

不溶性食物繊維は、水分に溶けることがなく腸内にたまった毒素や脂肪分を排出します。

お肉を食べる日には、ゴボウや大豆などを多めにとるといいですね。

2.十分な睡眠を心がける

睡眠と腸もまた密接な関係にあります。

腸には眠気を促すメラトニンというホルモンを作る働きがあります。

つまり、腸が正常に機能することによって、質の高い睡眠をとれることができれば、体の疲労も十分に回復するというわけです。

しかし、体内時計が狂えば腸が正常に活動できません。

私たちは知らないうちに、睡眠の質を低下させる生活を行っています。

以下が、睡眠の質を高めるために実践したい行動です。

・就寝前にスマホやパソコンを使わない
・夕食に乳製品や大豆類を食べる
・就寝2~3時間前には何も食べない

腸内細菌が睡眠の質を高めることもできれば、睡眠の質を低下させることもあるのです。

腸内環境の悪化は悪循環をもたらすばかりなので、規則正しい睡眠生活を送るようにしましょう。

3.適度な運動習慣

運動をすると腸内環境が活発化することが判明しています。

マウスを使用した研究では、運動習慣のあるマウスはそうでないマウスに比べて善玉菌量が多いことが判明しました。

また、人間を対象とした研究もおこなわれています。

研究はスポーツ選手と体格と年齢が似ている一般人の善玉菌数を比較しました。

結果は、やはりスポーツ選手の方が善玉菌数が多かったのです。

腸内環境を整える運動はぜひ取り入れましょう。

特に、ウォーキングは脂肪燃焼促進作用があるうえに、便通を促します。

また、手軽にできる運動に腹式呼吸を意識した深呼吸があります。

お腹の筋肉を意識しながら、5秒かけて息を吸って、10秒かけてゆっくりと息を吐きましょう。

お腹の筋肉が刺激され、腸の動きが活発になるのです。

4.ストレスフリーな生活を目指す

ストレスを感じるとお腹が痛くなることはありませんか?

ストレスは腸の敵。

なんと腸内環境を正常化することで、うつ病を治療できる可能性もあると言われています。

腸にストレスがかかると、交感神経が優位になって、腸の動きが鈍くなってしまうのです。

ストレスを全くためない生活はほぼ不可能なので、日頃からストレス発散できる趣味などを持つといいですね。

あなたに合った痩せ菌サプリを選ぶための3つのポイント

調べてみると分かりますが、痩せ菌サプリには様々な種類があります。

あなたの目的に合った痩せ菌サプリを選ぶ必要があれば、悪徳業者が販売する質の悪い痩せ菌サプリを見分ける必要もあるのです。

一見すると難しそうなサプリ選びも、これから紹介する3つのポイントを押さえるだけで簡単になります。

さっそく、見ていきましょう。

1.目的に合った成分の痩せ菌サプリを選ぶ

痩せ菌サプリはダイエット目的で選ぶ方も多いですが、美容のために選ぶ方もいるはずです。

その目的に応じたダイエットサプリを選ぶといいでしょう。

例えばダイエット目的で痩せ菌サプリを摂取したい方は、サラシアのようなでぶ菌を抑え、日常の食事からはなかなか摂取できないものを選ぶといいですね。

また、菌が熱や酸に強いかどうかも確認するべきです。

大腸にたどり着く前に、胃酸に消化されたり、吸収されたりする菌が含まれたものは避けるべきでしょう。

酪酸菌や納豆菌などの強い菌が豊富に含まれたサプリが望ましいです。

2.飲み続けやすいサプリ

痩せ菌サプリの中には、1日に10粒以上飲まなければいけないものがあります。

正直なところ、1日に10粒以上飲み続ける生活を毎日続けるのは難しいですよね。

また、長期間にわたって購入できる価格なのかどうかも確認しないといけません。

痩せ菌サプリは最低でも3~6か月使用する必要があります。

毎月1万円近くの出費はかなり大きいはずです。

値段の高い痩せ菌サプリが必ずしも良いとは限りません。

手ごろな価格・飲みやすい・成分が濃縮されている、この3つが揃った痩せ菌サプリを選ぶといいですね。

3.菌のエサが配合されているかどうかをチェック

酪酸菌や乳酸菌などの菌だけが配合されていて、菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維が配合されていない痩せ菌サプリは数多くあります。

腸内環境を整えるためには、菌と菌のエサをバランスよく摂取しなければいけません。

どちらか一つだけ摂取しても、十分な効果は得られないからです。

例えば、私たちはお腹が空くと十分なパフォーマンスを発揮できませんよね。

それは菌にも当てはまり、エサとなるオリゴ糖や食物繊維がない腸内では、力を十分に発揮できなければ、数が増えることもありません。

菌だけではなく、菌のエサもバランスよく配合されているものを選びましょう。

痩せ菌サプリの飲むタイミングと飲む期間

痩せ菌サプリの飲むタイミングは、基本的に決められていません。

まれにメーカーが飲むタイミングを指定しているものがあります。

その場合は、記載指示に従って飲むのが一番でしょう。

特に指定されていなければ、食後に飲むのをおすすめします。

乳酸菌、特にビフィズス菌は胃酸に弱く腸まで届かない可能性が高くあります。

しかし、食後は胃酸が弱まるので、乳酸菌が生き残れる確率が高まるのです。

また、痩せ菌サプリはジュースやコーヒー、そして熱いお湯等で飲むのは厳禁です。

コーヒーは痩せ菌の働きを邪魔し、ジュースに含まれる栄養にサプリの配合成分が使われてしまいます。

そして、50℃以上の熱いお湯だと配合成分を壊してしまう可能性が高くあります。

痩せ菌サプリを飲むときは、常温の水で飲むのが一番です。

冷たい水は体を冷やすので、腸に良くありません。

水道水でも問題ありませんが、ベストはぬるま湯のミネラルウォーターです。

痩せ菌サプリ全18種類の特徴と解説

ここではランキングで紹介しきれなかった痩せ菌を含んだ痩せ菌サプリを紹介していきます♪

自分に合った良い痩せ菌サプリを見つけてくださいね♪

1.麹の生酵素

麹の力を濃縮したサプリです。

痩せやすい体質には欠かせない酵素ですが、30歳代から酵素量は減少します。

麹の生酵素には、たんぱく質や脂質を分解する厳選された3種類の麹の酵素、糖質を分解する4種類の酵母、そして40種類の植物発酵エキスが配合されています。

その他にも、ダイエットの味方となる成分が数多く配合されているので、痩せやすい体つくりをしながらダイエットも同時に行えるのです。

1日に1~3粒飲むことが推奨されているので、毎食後に飲んでもいいですね。

価格が1万円近くするのが気になるところです。

成分配合は良いですが、痩せ菌サプリの中ではトップクラスに高いです。

2.優光泉(ゆうこうせん)

優光泉は酵素が含まれたドリンクです。

数ある酵素ドリンクの中でも、トップクラスの知名度を誇ります。

優光泉には、60種類の野菜、果実、穀物、海藻を余すことなく(皮や葉も取り除かすに)丸ごと発酵・抽出したエキスが配合されています。

使用素材はすべて国内産、90%以上は九州産のものを使うというこだわりぶりです。

酵素ドリンクの中には、水や液糖で薄めたものがありますが、優光泉は原液100%だから安心です。

優光泉の味はスタンダードとウメの2種類。

甘味料としてコーヒーや紅茶に加えることができれば、ヨーグルト等に加えることもできます。

乳酸菌が入っておらず、ドリンクタイプなのでオフィスに持ち込みずらいのはデメリットですね。

3.LAKUBI

LAKUBIの最大の特徴は、1,700万個もの酪農菌を配合しているところにあります。

胃酸に強い酪農菌は、腸内環境を整え、ダイエット効果や全身の健康を整える短鎖脂肪酸を作り出すのです。

さらに、善玉菌のエサとなるオリゴ糖やサラシアエキス、腸を綺麗にするビフィズス菌B-3までもが配合されています。

1日1粒飲むだけで、通常価格も3,800円とかなりお手ごろなのは嬉しいですね。

整腸効果・ダイエット効果・美容効果のバランスが高いレベルでとれている優秀な痩せ菌サプリです。

4.大人のカロリミット

大人のカロリミットは、食事の糖・脂肪の吸収を抑える、脂肪の代謝する力を促す健康食品です。

腸内環境を整える働きはありませんが、大人のカロリミットには代謝を高める成分が配合されています。

代謝もまた善玉菌と同様に、年齢とともに減少していくのです。

大人のカロリミットは1日1回4粒飲む必要があります。

飲むタイミングは、カロリーが一番気になる食事前。

特に代謝が落ちている40歳よりも上の年代で、ダイエットをしている方は購入を検討してみるといいかもしれません。

しかし、大人のカロリミットには痩せ菌を増やす効果もなければ、美容効果もないので要注意。

5.プレミアムスリムビオ

話題の乳酸菌EC-12が配合されているサプリです。

1袋当たりの乳酸菌配合数はなんと1兆個、これはヨーグルト100個分の乳酸菌量となります。

さらに、「Yahoo!検索大賞」を受賞したレジスタントスターチも配合されています。

また、「こんにゃくマンナン」と呼ばれるグルコマンナンが入っているのも注目ですね。

これは、こんにゃくの主成分で頑固で辛い便秘を解消できるかもしれません。

1日1~3粒を飲むだけで、値段も比較的お手ごろなのも嬉しいポイントです。

美容成分はあまり含まれていませんが、ダイエットをしている方や便秘に悩んでいる方におすすめのサプリです。

6.こうじ酵素ブラック

麹に加えて、5つの黒の力が主成分となったサプリです。

その5つの力が、黒米・黒豆・黒松の実・黒ごま・黒カリン。

麹が腸内環境を整え、黒の力が内臓や血管などに健康効果をもたらします。

1日3粒飲むことで、大根20本分、キャベツ8玉分、やまいも8本分の酵素を取り入れることができるのです。

こうじ酵素ブラックは整腸作用もありますが、乳酸菌やオリゴ糖等が入っていないため、それほど大きな期待はできません。

このサプリの魅力は、内臓や血管も健康にできるということ。

そのため、若い年代よりも50歳代以上の方におすすめしたい痩せ菌サプリです。

通常価格は4,980円と比較的お手ごろですね。

7.KOMBUCHA生サプリ

KOMBUCHAとは、紅茶キノコのことで海外でも人気のドリンクです。

しかし、市販されている多くのKOMBUCHAは65℃以上の過熱が施されているため、酵母や酵素が死んでいる可能性が高くあります。

KOMBUCHA生サプリには酵母・酵素・酪酸菌・乳酸菌が生のまま凝縮されています。

また、胃酸で溶けないようにカプセルには特殊コーティング加工も施されているのも特徴。

これで、確実に腸までサプリ成分を届けることが可能です。

乳酸菌は22種類も入っているようですが、どの乳酸菌が配合されているのかは分かりません。

加えて、乳酸菌の量も分からないのは残念な点です。

8.新ビオフェルミンS錠

整腸剤の定番と言えば、昔からあるビオフェルミンです。

新ビオフェルミンSには、人由来の乳酸菌が3種類入っています。

フェーカリス菌は小腸を整え他の乳酸菌を手助ける、アシドフィルス菌は悪玉菌の増殖を抑える、そして乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑え乳酸と酢酸を作るのです。

新ビオフェルミンS錠には、酵母や美容効果等はありません。

しかし、昔からある定番の整腸薬というブランドは大きな魅力です。

新ビオフェルミンS錠は生後3か月の赤ちゃんから服用できます。

手ごろな価格で、とりあえず腸内環境を整えたい方におすすめです。

9.ビフィーナ

ビフィーナはシリーズで販売されています。

ビフィーナの特徴は、乳酸菌がたっぷりと含まれているということ。

ビフィーナRには乳酸菌25億個、Sには50億個、そしてEXには100億個ものビフィズス菌が配合されています。

10年以上かけて開発したカプセルは、ビフィズス菌を守ります。

人口胃液を用いた実験では、カプセルに入ったビフィズス菌の生存率は約90%でした。

ビオフェルミンと同様、美容成分やダイエットに効果的な成分は入っていませんが、効果的に乳酸菌を補給することができます。

ビフィーナSで1か月分3,856円と値段も良心的です。

10.くろしろ

くろしろの特徴は、活性炭が配合されていることです。

活性炭が腸内にある余分な脂肪や有害物質を吸着して、便と一緒に排出してくれます。

活性炭があるおかげで、効率よく腸のデトックスを行うことができるのです。

さらに活性炭には優れた温熱効果があり、体温を上げて基礎代謝をアップする働きにも期待できます。

活性炭のほかには、酵素、酵母、麹、10種類の乳酸菌、燃焼効率を高めるブラックジンジャー等が配合されています。

オリゴ糖を始めとする痩せ菌のエサが十分に入っているかどうかが気になるところですが、ダイエット効果や美容効果のあるサプリです。

1日に2~4粒飲むことが推奨されています。

11.花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌は、毎日2種類のサプリを1粒ずつ飲む必要があります。

1日に摂取できる乳酸菌数は業界トップクラスの5,000億個。

これは、ヨーグルト50個分の乳酸菌数に値します。

さらに、乳酸菌はナノサイズまで小さくすることで、吸収効率が上がるという工夫付き。

1つのサプリには5,000億個の乳酸菌、もう1つのサプリには平均寿命が日本一高い長野県由来のナノ乳酸菌が配合されています。

2種類のサプリを飲むことが面倒だと感じる方にはおすすめしません。

12.乙女の乳酸菌

ダイエット効果のある乳酸菌と酵母を配合したサプリ。

乳酸菌は22種類配合されていて、公式サイトに配合乳酸菌種類が記載されているのも高評価です。

乳酸菌のほかに、消化酵素と代謝酵素の2つの酵素、ポリフェノールが豊富に含まれた11種類のベリー類と赤ワインを発酵させた発酵ベリーミックスも配合されています。

ダイエット効果のほかに、アンチエイジングにも期待できるサプリです。

通常価格も5,000円以下なので、長期間続けられるでしょう。

13.乳酸菌革命

お馴染のビフィズス菌、飲むヨーグルトに配合されているラブレ菌、そして消化液の影響を受けずに内臓脂肪を減らすカゼリ菌が主成分として配合されています。

商品名の通り、乳酸菌補給で腸内環境を整えることに特化したサプリです。

配合乳酸菌は耐熱性に優れていることに加えて、耐酸性カプセルに配合されるので腸に届く前に死滅することはありません。

1か月分3,000円という手ごろな価格も嬉しいですね。

ダイエット促進成分や美容成分は配合されていませんが、純粋に腸内環境を低価格で整えたいという方にはおすすめできます。

14.ウィルキラーダイエット

1袋に5兆個もの乳酸菌が配合されているサプリです。

ウィルキラーはタブレットでもなく、ドリンクでもありません。

粉末なのです。

そのため、水と混ぜるだけではなく、ヨーグルトやゼリー、野菜やフルーツにかけて摂取できるというメリットがあります。

対して、スプーン1杯分という目安はスプーンの大きさや個人によって異なるので、1か月経つ前に使い終わる可能性がある、外出時に気軽に摂取できないというデメリットも見逃せません。

酵母、オリゴ糖、そして納豆菌も含まれているバランスのとれたサプリメントです。

15.ラクスラ

ラクスラには、酵母菌・乳酸菌・麹菌の三種類が主成分として配合されています。

ラクスラは、とにかく配合乳酸菌数が多いのが特徴です。

その数は、1回分でおよそ1兆650億個。

酵母菌には米の17倍ものの食物繊維が含まれ、麹菌は燃焼作用のあるショウガから作られています。

1日に3~5粒を飲まないといけないので、少々面倒に思う方もいるかもしれません。

通常価格が1万円近くとなるのもデメリットです。

16.プレミアム酵母

シリーズ累計1億食突破した痩せ菌サプリです。

1回分に含まれている痩せ菌数は約200億個。

しかし、痩せ菌以外には特に目立った成分が配合されていないようです。

摂取した痩せ菌が酵母を作るのを目的としているようで、プレミアム酵母自体に酵母が含まれていないのは残念ですね。

乳酸菌数こそ多いですが、種類までは記載されていないので、胃酸に強いのかどうかもわかりません。

さらに、粉末タイプという点にも注目です。

乳酸菌がカプセルに守られていないため、本当に腸まで乳酸菌が届けられるのかどうか疑問に思ってしまうことが、最大のデメリットです。

17.elfing(エルフィング)

ビフィズス菌をはじめとする、痩せ菌とオリゴ糖等のエサを効率的に摂取できるサプリです。

この2つの成分を組み合わせることで、体外から痩せ菌を摂取しつつ、体内にある痩せ菌数も増加できるというわけです。

さらに、短鎖脂肪酸と14種類のスーパーフードが含まれているのも高ポイントです。

ビタミンやミネラル等の主要栄養素も十分にとることができるため、栄養食品という面も持っています。

ブルーベリー味のタブレットなので、どんな時でも気軽に栄養補給できるでしょう。

18.乳酸菌ミドリムシ

痩せ菌サプリでは珍しく、ミドリムシが配合されているサプリです。

ミドリムシには59種類もの栄養素が含まれていて、野菜の成分、魚の成分、そして肉の成分をバランスよく摂取できます。

さらに、活性炭のように無数の穴が表面に開いている食物繊維パラミロンもミドリムシには入っているのです。

2種類の乳酸菌とオリゴ糖もあり、効率的に腸内環境を正常にします。

配合成分数は4種類と少なく、美容効果等はありません。

しかし、善玉菌優位の腸内環境にすることで、美容にも健康にも嬉しい様々な効果が得られます。

特に大きなデメリットもなく、優秀な痩せ菌サプリの一つです。